グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 消化器内科
  • 戻る
  • 進む

消化器内科



消化器内科について

消化器内科では、消化器領域:消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)、肝臓、膵臓、胆道、の疾患を対象に診療を行っています。消化器領域の疾患は、大きく2つ(癌と炎症)に分類され、いずれの病態でも内視鏡検査が診断・治療に重要です。また、近年は様々な新規薬剤が消化器領域の疾患で保険収載され、これらの新規薬剤も積極的に日常診療に取り入れています。消化器領域の疾患は救急疾患の中での頻度も多く、緊急内視鏡検査やドレナージ術などを迅速に行い対応しています。

主な疾患

  • 癌(胃癌、大腸癌、肝細胞癌、膵癌、食道癌、胆道癌、など)
  • 炎症(ウイルス性肝炎、肝硬変、潰瘍性大腸炎、クローン病、慢性膵炎、膵石症、仮性膵のう胞、逆流性食道炎、Helicobacter pylori感染胃炎、など)
  • 救急疾患(出血性胃潰瘍、出血性十二指腸潰瘍、食道静脈瘤破裂、急性肝炎、肝膿瘍、総胆管結石、急性胆嚢炎、急性胆管炎、急性膵炎、大腸憩室出血、大腸憩室炎、虚血性腸炎、など)
  • その他(機能性胃腸症、過敏性腸症候群、など)

主な治療法

1)消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)の病気

救急疾患の中で頻度の多い上部消化管出血(出血性胃潰瘍、出血性十二指腸潰瘍)には、内視鏡的止血術(クリップ法、HSE局注法、凝固止血法、など)を迅速に行い治療しています。癌(胃癌、食道癌、大腸癌)については、早期癌の場合は内視鏡的治療(粘膜切除術、粘膜下層剥離術)、外科的切除不能な進行癌には抗癌剤を含めた薬物治療、で対応しています。炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病、腸管ベーチェット病)には、生物学的製剤(抗TNF-α抗体、抗IL-12/23抗体など)を含めた薬物治療を中心に診療を行っています。その他、逆流性食道炎、Helicobacter pylori感染胃炎、機能性胃腸症、過敏性腸症候群などに対しても薬物治療を行っています。

2)肝臓の病気

ウイルス性慢性肝炎:C型肝炎、B型肝炎に対して、適応があれば積極的に抗ウイルス薬による治療を行っています。肝細胞癌:定期的に画像診断(CT・MRI・超音波)による肝腫瘍の早期発見・早期治療を実践し、病態に応じて外科切除、ラジオ波焼灼療法、肝動脈塞栓療法、抗癌剤による薬物療法等から最適な治療法を選択し、長期生存を目指しています。

3)胆膵の病気

急性胆道疾患には、胆嚢穿刺吸引、ドレナージ術、内視鏡的乳頭切開術、乳頭バルーン拡張術を駆使し治療を行っています。膵炎に伴う仮性膵のう胞、膵石症には、経乳頭的あるいは超音波内視鏡下ドレナージ、ESWL(体外衝撃波結石破砕療法)にて治療を行っています。また、切除不能な悪性腫瘍による胆道狭窄に対しても、積極的にステントなどによるドレナージ術を行い、患者のQOLを上げるように努めています 。

IBD専門外来について

炎症性腸疾患(IBD)とは、「腸(小腸・大腸)に原因不明の慢性的な炎症を起こす疾患」の総称で、具体的には、「潰瘍性大腸炎」「クローン病」のことを指します。
また、「潰瘍性大腸炎」「クローン病」に加えて、「腸管ベーチェット病」も腸に原因不明の慢性炎症を起こす病気として知られています(ベーチェット病研究班:https://www.nms-behcet.jp/doctor/doctorlist/index.html)。
いずれの病気も、腹痛、頻回の下痢、血便、発熱、体重減少、などの症状で発症します。
IBDは上述の如く原因不明のため根本的な病気の治し方が分かっていません。このため、薬剤での治療が効かず、なかなか治らない方(いわゆる難治性)もいらっしゃいます。
しかし、近年、種々の新しい薬剤(炎症を強く抑える薬)が保険収載され、これらの薬剤を適切に使用することで腸の炎症を鎮静化(専門用語では寛解状態)できるようになってきました。ただし、「炎症を強く抑える薬=免疫力を弱める・感染症になりやすくなる」ため、使用に際しては、IBDの専門的知識を持った医師による診察・治療が望ましい現状があります。
これらの状況を踏まえ、当院の消化器内科外来に新たに「IBD専門外来(毎週金曜日、午後)」を開設することとなりました。私は、前任の病院(名古屋市立大学病院)で10年近く「IBD専門外来」をやっておりました。この経験を活かし、豊川市を含めた東三河地方のIBD患者様の診療・治療に少しでもお役に立てるように頑張りたいと考えております。

消化器内科部長 溝下 勤

担当医師の紹介

私たちが、豊川市民病院の消化器内科を担当しておりますので、よろしくお願いします。
病気についてや症状でお悩みの方など、お気軽にご相談ください。
医師名 免許取得 役職名 認定医・専門医等
佐野 仁 平成元年 副院長
部長
日本内科学会指導医
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本消化管学会胃腸科指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本胆道学会認定指導医
日本膵臓学会認定指導医
名古屋市立大学地域医療教育研究センター教授
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
臨床研修指導医
宮木 知克 平成7年 主任部長 日本内科学会指導医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器病学会指導医
日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本肝臓学会肝臓専門医
日本肝臓学会指導医
臨床研修指導医
溝下 勤 平成9年 部長 日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本消化管学会胃腸科指導医
日本消化器病学会指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
日本消化器病学会評議員・支部評議員
日本消化器内視鏡学会支部評議員
日本消化管学会代議員
臨床研修指導医
安部 快紀 平成17年 医長 日本内科学会指導医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本消化器病学会東海支部評議員
日本消化器内視鏡学会指導医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器内視鏡学会東海支部評議員
日本肝臓学会肝臓専門医
日本胆道学会認定指導医
日本膵臓学会認定指導医
日本消化管学会胃腸科専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医
岩井 朋洋 平成21年 医長 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本ヘリコバクター学会H.pylori感染症認定医
日本消化器内視鏡学会東海支部評議員
臨床研修指導医
成田 幹誉人 平成24年 副医長 日本内科学会認定内科医
小林 由花 平成25年 副医長 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会消化器病専門医
的屋 奨 平成25年 副医長 日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会消化器病専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
稲垣 勇輝 平成27年 副医長 日本内科学会認定内科医
佐々木 康成 平成28年 医員
小林 史怜 平成30年 医員

診療担当医一覧

診療・手術実績

平成31年度
上部消化管内視鏡検査 2,823件
内視鏡的止血処置 73件
胃食道粘膜切除、切開剥離術 66件
食道静脈瘤結紮術,硬化療法 50件
胃瘻造設術 10件
上部消化管ステント留置術 62件
注腸検査 102件
大腸内視鏡検査 2,679件
大腸ポリープ、早期大腸癌の内視鏡的切除術 1,216件
内視鏡的逆向性膵胆管造影検査 347件
内視鏡的乳頭切開、砕石術 176件
内視鏡的胆道ステント留置術 108件
超音波内視鏡検査 178件
経皮経肝胆道ドレナージ術 116件
ラジオ波凝固療法 27件
肝動脈塞栓術(TAE) 69件