グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 産婦人科
  • 戻る
  • 進む

産婦人科



産婦人科について

産科

産科では一般妊婦健診を中心に、正常分娩から異常分娩まで幅広く対応しております。
切迫流産、切迫早産の管理や妊娠高血圧症の管理、合併症妊娠においては他科との連携を行い周産期管理を行っております。また、小児科医、病棟薬剤師とも一体化した総合診療を実施しており、より安心できる分娩を心がけております。

里帰り出産について
当院では里帰り出産を行っております。
妊娠5か月までに一度紹介状を持参の上受診していただき、分娩予約を取ります。
妊娠34週以降は当院での健診を受けていただくことを条件とします。

婦人科

婦人科では良性腫瘍を中心に悪性腫瘍の治療まで幅広く診療しております。
薬物による保存的治療、手術、抗がん剤治療にも対応しております。
その他、感染症や更年期障害、月経異常(ホルモン障害など)、一般不妊治療まであらゆる疾患にお応えできるよう対応しております。

主な疾患

産科 切迫流産 切迫早産 妊娠高血圧症 前置胎盤
糖尿病・膠原病・血液疾患・精神疾患などの合併妊娠
婦人科腫瘍合併妊娠など
婦人科 子宮筋腫 子宮内膜ポリープ 子宮内膜症 子宮頸癌 子宮体癌
卵巣腫瘍 卵巣癌 絨毛性疾患
骨盤腹膜炎 月経困難症 更年期障害 骨粗鬆症 骨盤臓器脱

主な治療法

子宮筋腫・子宮内膜症 薬物療法(偽閉経療法) 手術(腹腔鏡・子宮鏡)
子宮内膜増殖症 MEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)など
子宮頸癌・子宮体癌 手術 化学療法(抗がん剤) 放射線治療
卵巣腫瘍(良性) 手術(腹腔鏡)開腹術
卵巣腫瘍(悪性) 手術 化学療法(抗がん剤) 放射線治療
骨盤臓器脱 ペッサリーによる保存的治療 手術
月経困難症 LEP(低用量Pillによる治療など)

担当医師の紹介

医師名 役職名 認定医、専門医等
保條 説彦 副院長
部長
日本産科婦人科学会専門医
愛知県医師会母体保護法指定医師
日本産婦人科学会専門医制度指導医
臨床研修指導医
森 亮介 副医長 日本産科婦人科学会専門医
愛知県医師会母体保護法指定医師
平野 喜子 医員
小川 慧子 医員
亀谷 美聡 医員

診療担当一覧

診療・手術実績

(2018年~2020年)
総分娩数 1,369件
経腟分娩 894件
帝王切開 475件
母体搬送受け入れ 31件
子宮内用清掃術 104件
開腹術 339件
子宮悪性腫瘍手術 27件
付属器悪性腫瘍手術 14件
単純子宮全提出 146件
筋腫核出術 35件
子宮脱手術 25件
円錐切除術 73件
外陰腫瘍手術 19件
腹腔鏡下手術 217件
子宮全摘術 28件
筋腫核出術 17件
卵巣腫瘍手術 129件
異所性妊娠手術 20件
子宮鏡下手術 121件
TCR 80件
MEA 32件