グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 産婦人科
  • 戻る
  • 進む

産婦人科



診療理念

  1. 病気及びその治療法について、最新の医学的知見、統計かつ当科における診療経験、実績をもとに、患者さんが納得するまで話し合い、信頼に絶えず応えることができるよう治療にあたる。
  2. 患者さんがより快適に過ごして頂けるような病院環境をつくることに努める。
  3. 地域の中核医療施設として、他院の先生方と緊密な連携をとり、患者さんの有益となることに留意する。
以上のことを絶えず心掛けて、診療にあたっています。

診療内容

外来診察は初診、再診、妊婦健診の3つに分かれています。初診を除く外来は原則的には予約制となっています。 また、外来の初診時から、入院、手術、退院後の診療に至るまで、原則として同一の主治医が責任を持って診療に当たるという体制を採っています。

婦人科

  1. 子宮、卵巣、膣、外陰部のできもの(腫瘍)の診療
  2. 中高年女性特有の疾患(更年期障害、骨粗鬆症、尿失禁、子宮脱など)の診療
  3. 外陰膣炎、子宮・卵巣・卵管・骨盤内の感染症の診療
  4. 月経の異常(月経不順、月経痛、月経量や長さの異常)についての診療
  5. 不妊症(妊娠できない)、不育症(妊娠はするが流産や死産になってしまう)の診療
  6. 子宮外妊娠の診療
手術は、可能な限り低侵襲性なもの(例えば腹腔鏡を用いる手術や膣式の手術など)を行なうようにしており、術後の早期回復と入院期間の短縮を図っています。 良性疾患に対しては、根治手術療法だけではなく、例えば患者さんの要望に応じて妊孕性の温存を考慮した手術療法や薬物療法も施行しております。 婦人科癌に対しては、手術や化学療法および放射線療法などについて十分説明の後、同意された治療を実施しております。 不妊症については、排卵誘発や人工授精などを実施しております。

産科

  1. 妊婦健診を中心とした妊娠、分娩の管理
  2. 栄養管理、乳房管理、生活習慣などの指導
  3. 切迫早産、胎児異常症例などの母体搬送

定期的な妊婦健診を行い、切迫流産・早産、妊娠中毒症や糖尿病などの合併症妊娠、胎児異常などの早期診断ができるよう努めています。 分娩はできる限り自然分娩となるよう心掛けています。合併症妊娠、胎児異常、早産に対しては、小児科医、内科医と連携の上、厳重な管理を行なっています。 また助産師、栄養士による母親学級、母乳相談を通し、妊娠中及び産褥期の栄養管理、乳房管理、生活習慣などのきめ細かい指導を行なっています。 さらに、地域の中核的周産期施設として、小児科との緊密な連携により、母体搬送に迅速に対応できる体制を整備しております。

里帰り出産について

当院では、里帰り出産を行っております。
妊娠初期(5ヶ月まで)一度紹介状を持参の上受診して下さい。分娩予約を行います。
又、妊娠32週以降は当院での健診を受けて頂くことを条件としておりますので、よろしくお願いいたします。

立会い分娩について

当院では、分娩時のご主人の立会いが可能です。よくご相談の上産婦人科外来受付に申し込んで下さい。
ご主人が立会われることにより、不安や緊張を和らげ、生まれてくる命の尊さや喜びをお二人で共感していただけます。
<立会い分娩を希望される方へ>
  1. 当院主催の両親学級(ラマーズ教室)に出席された方
    妊娠32週までに両親学級を受講して下さい。
  2. 陣痛室へは…ご主人・ご家族も入室可能です。
    分娩室へは…ご主人のみ入室可能です。

診療担当一覧

担当医師の紹介

医師名
(専門分野)
役職名 認定医、専門医等
保條 説彦 診療局長
部長
日本産科婦人科学会専門医
愛知県医師会母体保護法指定医師
日本産婦人科学会専門医制度指導医
柴田 茉里 医員
野々部 恵 医員
近藤 好美 医員

産婦人科紹介冊子