グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 総合診療科・総合内科
  • 戻る
  • 進む

総合診療科・総合内科



総合診療科について

私たちの目指す医療は、疾患だけを診るのではなく、健康問題に関心を注ぎ、目の前の来院されたかたを取り巻く家族、環境にも目を向けることです。
診断や治療だけではなく、疾患の予防までを視野に入れ、患者さんの訴えに重点を置いた患者さん中心の医療を医師・看護師を中心としたチームで実践します。
業務としては、外来では一般内科診療や健診時の二次検査などを行いながら、入院では外傷を含む臓器別診療にならない診療も行っています。
患者さんの一番身近にある診療科になることを目指しています。

診療体制

常勤医3名と救急科池上副院長で診療をすすめています。2015年4月に総合診療科に医師が常勤するようになりました。他科との連携を取りながら、適切な診断および治療を行うように努めております。

施設認定(総合診療科関連)

日本専門医機構総合診療科研修病院
日本プライマリ・ケア連合学会総合診療専門研修(Ⅱ)施設

診療・治療に対する心がけ

  • 患者さん中心の医療を実践する。
  • 患者さんの訴えに重点を置いた全人的な医療を提供することを目指す。
  • 特定の臓器や疾患だけでなく精神・心理・社会的な問題にも目を向ける。
  • 医療面接・身体診察など基本的臨床技能を重視した診療を行う。
  • 患者さんの利益(アウトカム)を重視した根拠に基づく医療を実践する。
  • 医療関係者間のコミュニケーション、協調・協力を大切にし、必要に応じて専門医や看護師・医療相談・介護担当などの医療関係者、患者さんの家族などと連携して、継続的なチーム医療を実践する。
  • 外傷を含む診療も専門医と連携を取りながらすすめていく。

診療受付時間

内科の診療受付時間と休診日は下記となります。
初診方法や予約方法などについては、こちらの診療予約方法のご案内ページをご覧下さい。
診療受付時間のご案内
診療受付時間 午前8時30分~午前11時00分
休診日 土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日)

主な疾患

総合診療科は、初診時に診断のはっきりしない患者さん、複数の疾患を総合的にみていく必要のある患者さん、特定の診療科にはっきりと分けられない疾患の患者さん、特別な外科的処置を必要としない状態の患者さんを主に対象としながら、様々な疾患の診断を担当しています。診断がついたところで必要に応じて適時専門の科に紹介いたします。

担当医師の紹介

平成30年度からは全国でも総合診療科が新しい科として認定されており、当院においても新しい診療部門として診療にあたっています。

総合診療科

医師名 免許取得 役職名 認定医、専門医等
池上 浩之 平成2年 副院長 日本麻酔科学会指導医
日本麻酔科学会専門医
日本救急医学会指導医
日本救急医学会専門医
日本集中医療医学会集中治療専門医
臨床研修指導医
伊藤 義久 平成7年 主任部長 日本内科学会総合内科専門医
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本救急医学会ICLSコースディレクター
米国内科学会上級会員(フェロー)
臨床研修指導医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
日本プライマリ・ケア連合学会指導医
日本専門医機構総合診療領域 プログラム責任者
日本専門医機構総合診療領域 特任指導医
日本糖尿病協会療養指導医
田岡 伸朗 平成6年 部長 日本医師会認定産業医
日本内科学会総合内科専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本消化器病学会専門医
日本プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医・指導医
山内 淳一 平成24年 副医長

内科

医師名
(専門分野)
免許取得 役職名 認定医、専門医等
鈴木 健 平成3年 診療部長
部長
日本内科学会指導医
日本内科学会総合内科専門医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
日本救急医学会ICLSコースインストラクター・ディレクター
臨床研修指導医
プログラム責任者養成講習会修了
日本心血管インターベンション治療学会指導医、代議員
日本高血圧学会指導医
災害派遣医療チーム研修修了
病院前救護体制における指導医等研修(管理者)修了
日本内科学会JMECCディレクター
日本救急医学会専門医
林 里音 平成30年 医員
その他専門内科の診療担当医一覧は、外来診療担当医ページをご覧ください。

診療担当医一覧