グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 精神科
  • 戻る
  • 進む

精神科



特色

外来

  1. 初めて受診される方の診察(初診)
  2. 再来の方の診察
  3. 家族相談など

入院

  1. 閉鎖病棟と開放病棟があります。閉鎖病棟は入り口に鍵が常にかかっており、出入りするときには看護師がその都度、鍵をあけます。
  2. 開放病棟は、夜間をのぞいて病棟の入り口に鍵がかかっておらず、自由に出入りすることができます。

社会復帰のための施設

  1. 作業療法室:作業やレクレーションに参加し、回復を図ります。
  2. デイケア:スタッフと一緒に各種プログラムに参加し、他の人との交流を通じて社会性を身につけていきます。昼食つきです。

対象疾患

統合失調症、うつ病、躁うつ病、不安障害、認知症など。
※児童精神科を専門とする医師はいません。必要に応じて児童精神科専門医のいる医療機関に紹介いたします。
※アルコール依存症の治療は行っていません。県内の専門病院に紹介いたします。

診療実績

外来患者数は一日平均150名程度です。原則として予約制です。
入院患者数は平均80名程度です。入院を希望する方は、担当の医師に直接相談してください。病状によっては、他の医療機関を紹介させていただくことがあります。

初めて精神科を受診される方(初診)の予約制について

当院精神科を初めて受診される方につきましては、予約制となっております。 また、当院以外の医療機関で、精神科・心療内科を受診されていた方については、その医療機関からの紹介状が必要となります。これは、当院で継続して適切な治療を行うには、これまでの診断結果、治療内容及び経過が極めて重要な情報となるからです。
紹介状がない場合、ご持参いただくようお願いしますのでご了承ください。なお、医療機関が遠方で紹介状が取得できない場合などは、診療科窓口でご相談ください。
予約制(紹介状がない方)について

予約受付時間は8時30分から16時00分までの間です。なお、電話による予約は行っておりませんので、お手数ですが、ご来院の上、手続きしてください。
予約方法や当日の診察までの流れは以下のとおりです。
  1. 診察申込書に必要事項を記入し、総合受付「2 初診・再診受付」に“精神科予約を取りに来た”旨申し添えて健康保険証等と一緒に提出してください。
  2. 「2 初診・再診受付」での手続き終了後、「F外来受付」(精神科)で予約を承ります。F外来受付へお越しいただき、診察券を提示して予約希望日時等をお伝え下さい。予約ができましたら、予約票をお渡しします。
  3. 予約日当日、予約票を持参の上、再来受付機で受付を行ってください(再来受付機の画面表示に従って操作してください)。
  4. 操作終了後、再来受付機から発行される案内票を受け取り、F外来受付へ案内票と予約票を提出してください。受付から渡された問診票に必要事項を記入し、受付へ提出してください。
  5. 問診票提出後、指定された診察室の前でお待ちください。
  6. 案内票に書かれた“診察番号”が診察番号表示モニターに表示されましたら、診察室にお入りください。
※紹介状をお持ちの方は、予約の必要はありません。来院当日に診察を受け付けることが出来ますので、総合受付「3紹介受付」で紹介状を提示して受付し、「F 外来受付」にお越しください。
また、当院他科外来主治医から精神科受診を勧められた方は、その予約日当日、交付された精神科の予約票をご持参の上、再来受付機で受付し、「F 外来受付」にお越しください。

銃刀法の診断書を希望される方へ

これまでの銃刀法の診断書を希望される方については、予約制をとらず、来ていただいた当日に診断書を発行していました。2017年4月以降は、これらの方についても予約制をとらせていただきます。来院当日の受診、診断書発行はできなくなりますので、ご承知おきください。

診療担当一覧

外来診療担当医ページ:精神科をご覧ください。
※午後はすべて予約診療のみとなります。

担当医師の紹介

佐川 竜一
本田 和郎
渡邉 淳子
山口 卓也
谷本 浩紀
近藤 大貴