グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 耳鼻いんこう科
  • 戻る
  • 進む

耳鼻いんこう科



耳鼻いんこう科について

診察中の絵

当科では耳、鼻、のど、くびの病気やけがに対して、検査、診断、治療しています。投薬や処置で治すものもあれば、手術で治すものもあります。また、乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層の患者さんを診ています。
救急外来で緊急処置が必要な時は待機医が対応しています。
手術も幅広く対応しています。特に真珠腫性中耳炎に対する鼓室形成術に力を入れています。

主な疾患

  • 炎症性疾患
    中耳炎、副鼻腔炎、咽喉頭炎、扁桃炎、唾液腺炎、リンパ節炎、頸部膿瘍など
  • 良性および悪性腫瘍
    外耳中耳、鼻副鼻腔、咽喉頭、唾液腺、甲状腺など
  • 外傷
    鼻骨骨折、眼窩壁骨折、切創、挫創など
  • 内耳性疾患、神経疾患
    めまい、耳鳴、難聴、顔面神経麻痺など
  • その他
    扁桃肥大、アデノイド肥大、声帯ポリープ、鼻中隔彎曲症、アレルギー性疾患など

主な治療法

  • 炎症性疾患
    急性炎症に対しては薬物投与が主です。重症の場合は入院で点滴投与します。
    保存的治療で改善しない副鼻腔炎に対して、内視鏡下副鼻腔手術を行います。
    真珠腫性中耳炎に対して、鼓室形成術を行います。
    膿瘍に対して、切開排膿術を行います。
  • 良性および悪性腫瘍
    良性腫瘍に対しては、摘出手術を行います。
    悪性腫瘍に対しては精査の上、放射線治療、抗癌化学療法、手術の組み合わせを検討します。高度な治療が必要な場合、高次医療機関へ紹介もしています。
  • 外傷
    骨折の整復、傷の縫合などを行います。
  • 内耳性疾患、神経疾患
    薬物投与。入院が必要な場合もあります。
  • その他
    小児の睡眠時無呼吸症候群に対して、扁桃摘出術およびアデノイド切除術を多数行っています。
    鼻閉改善のために、鼻中隔矯正術も積極的に行っています。
    アレルギー性鼻炎に対して、レーザー手術も可能です。

担当医師の紹介

医師名 免許取得 役職名 認定医、専門医等
國井 博史 部長 日本耳鼻咽喉科学会専門医
豊田 貴一 医員

診療担当医一覧

診療・手術実績

扁桃手術 77件、副鼻腔手術 15件、鼻中隔矯正術 10件、鼓室形成術 14件、鼓膜形成術 3件、唾液腺手術 6件、耳瘻孔摘出術 9件、甲状腺癌手術 2件、頸部腫瘍摘出術 3件、喉頭微細手術 2件
その他小手術多数