グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 皮膚科
  • 戻る
  • 進む

皮膚科



皮膚科について

皮膚は様々な働きをする臓器です。外界の刺激を遮断・保護し、温度・痛みなどの知覚、体温調節、免疫応答などに関わっています。 また、内臓疾患が皮膚徴候(サイン)により発見されることもあります。われわれは皮膚について専門的な知識をもって診療にあたっています。

特色

皮膚疾患の紫外線治療に力を入れています。
他部門と連携してフットケア外来を行っています。

主な疾患

  • アトピー性皮膚炎
  • 乾癬、掌蹠膿疱症
  • 尋常性白斑
  • 自己免疫性水疱症(天疱瘡、類天疱瘡)
  • 膠原病
  • 皮膚良性腫瘍
  • 皮膚悪性腫瘍
  • 皮膚リンパ腫、菌状息肉症
  • 皮膚潰瘍
  • 薬疹
  • 帯状疱疹
  • 細菌感染症

主な治療法

  • 外用処置
  • 液体窒素冷凍凝固法
  • 手術
  • 紫外線治療
  • 他部門と連携してのフットケア外来
  • 生物学的製剤:乾癬・アトピー性皮膚炎・じんましん

がん治療について

当院では、名古屋市立大学病院と連携して以下のとおり治療に当たっています。
  1. 有棘細胞癌・基底細胞癌
    ・手術、放射線:当院で対応
    ・進行したもの(術後再建、リンパ節郭清、化療を必要とするもの):連携病院で対応
  2. 悪性黒色腫・乳房外ぺージェット病
    原則として連携病院で対応(高度な治療を必要とするため)
  3. 菌状息肉症
    ナローバンドUVBで対応できるもののみ当院で対応

担当医師の紹介

医師名 免許取得 役職名 認定医、専門医等
西尾 栄一 部長 日本皮膚科学会専門医
日本アレルギー学会専門医(皮膚科系)
日本温泉気候物理学会温泉療法専門医
的屋 真美 副医長
甚目 航太

診療担当一覧

診療・手術実績

平成22年度実績
年延外来患者数 18,163人
年延入院患者数 273人
入院患者年延手術件数 15件
外来患者年延手術件数 712件