グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 外科 > 心臓血管外科
  • 戻る
  • 進む

心臓血管外科



心臓血管外科について

心臓血管外科では以下の症状を持たれた方を、主に循環器内科と協力して治療を行います。
  • 胸が痛む、重苦しい、締めつけられる
  • 動くと息切れがする
  • 急に胸・背中に経験したことがないような激痛が走った
  • お腹付近で拍動を感じる
  • 健診で心雑音、心電図異常、大動脈・末梢血管の異常(主に瘤)を指摘された
  • 突然脈が速くなる・遅くなる
  • 足の血管が浮いてコブのようになっている、手足がむくむ、しびれる、だるい
  • 歩くと足が痛くなる、だるくなる

主な疾患

  • 冠動脈疾患
    狭心症、心筋梗塞、冠動脈瘤、等
  • 心臓弁膜症
    大動脈弁狭窄症・大動脈弁閉鎖不全症・僧帽弁狭窄症・僧帽弁閉鎖不全症・三尖弁閉鎖不全症、等。心不全の原因となります。
  • 大動脈疾患
    急性および慢性大動脈解離、大動脈瘤(胸部、胸腹部、腹部)等
  • 末梢血管の疾患
    下肢静脈瘤、閉塞性動脈硬化症、腫瘍・血管合併切除・血管の再建、透析患者のシャント造設や修復、等
  • その他
    不整脈、心膜疾患、等

※上記疾患に対する治療は名古屋市立大学病院と密に連携して行います。手術加療は主に名古屋市立大学病院にて行い、術前の検査・術後の外来フォローは当院で行います。また、近隣の豊橋ハートセンターとも連携し、患者様にベストで負担のない治療法を提案いたします。