グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 外科 > 乳腺・内分泌外科
  • 戻る
  • 進む

乳腺・内分泌外科


乳腺・内分泌外科について

当科は乳腺疾患および甲状腺、副甲状腺の疾患の診断、治療を東三河では唯一3人の担当医(男性医師1名、女性医師2名)が専門的に行っている施設です。
患者さんの大半は豊川市、豊橋市、新城市、設楽郡、蒲郡市の医療施設からの紹介です。
手術は週に3~4件、乳癌治療のための点滴(抗がん剤、分子標的治療薬)は週に20件ほど行っています。

主な疾患

  • 乳がん、乳腺の良性腫瘍、乳腺炎
  • 甲状腺がん、甲状腺の良性腫瘍、バセドウ病
  • 副甲状腺(上皮小体)腫瘍

主な治療法

乳がんについて

現在乳がんは著しく増加しており、日本人女性の罹患するがんの第1位を占め、75歳までに日本人女性の11人に1人が乳がんになるといわれています。以前は40代後半から50代にかけて乳がんの罹患が最も多いといわれていましたが、近年では食生活の欧米化により60代、70代、80代の乳癌も増えています。当院で乳がんと診断された人(2019年は約150人)の受診理由としては乳がん検診で要精検となった、乳房にしこりができた、乳頭から血液が出た、乳房に引きつれがあったなどでした。上記のような症状があった場合は是非、当院の乳腺内分泌外科に受診してください。
診断
マンモグラフィ
乳腺疾患で当科に受診した場合は先ずマンモグラフィを撮影していただきます。ただし妊娠中、20代や30代前半では状況に応じて撮影するかどうか判断します。
当院では、マンモグラフィ精度管理中央委員会で認定を受けた女性技師および乳房専用撮影装置で質の高いマンモグラフィを撮影します。撮影の際は乳房を圧迫して2方向撮影を行います。

超音波検査
続いて乳腺甲状腺超音波学会の試験を受けてA判定を受けた女性の検査技師により乳房の超音波検査を行います。超音波検査の画像はレポートをつけて電子カルテに保存されます。

乳腺外科医による診察
乳腺外科医はマンモグラフィおよび超音波検査の画像を読影したのち、乳房の視診・触診を行います。

病理組織診
細胞診で診断が確定しない場合、あるいは進行した乳がん(しこりが大きかったり、初診時に転移がある等)には局所麻酔下に太い針を刺して組織診断を行います。
手術
細胞診、組織診で乳がんと診断され、CT等で遠隔転移がない場合には手術を行います。
手術には乳房部分切除と乳房全摘の2種類があります。いずれの適応になるかはがん病巣の広がりによって決定されます。がん病巣の広がりはマンモグラフィ、超音波、MRI検査によって診断します。2019年の乳癌手術は142例で、乳房部分切除は57例、乳房切除は85例でした。乳房切除になった場合は、症例によっては同日乳房再建を行ったり、後日乳房再建を行うことも可能ですので担当医とご相談ください。
センチネルリンパ節生検
以前は乳がんの手術の際にはがんを残さないために、腋窩廓清(脇の下のリンパ節をごっそりとること)を行っていました。腋窩廓清をすると、術後に腕がむくんだり、腕が上げにくくなったり,腋の下の知覚麻痺がおこったりします。上記の合併症を予防するため、画像診断で明らかなリンパ腺転移がない場合には、術前に放射性同位元素を乳房に注射し、手術の際まず放射性同位元素が流入したセンチネル(見張り)リンパ節をガイガーカウンターで探し出し摘出します。摘出したセンチネルリンパ節を直ちに術中迅速病理診断し、がん細胞が転移しているかどうか診断します。転移がない場合には腋窩廓清を省略します。
2019年は112例の手術にセンチネルリンパ節生検を行い、104例はセンチネルリンパ節に転移がなく腋窩廓清を省略しました。
術前化学療法
がんが大きくて乳房部分切除の適応がなかったり、脇の下に複数のリンパ節転移がある場合に病理組織診断を行った上で乳がんのタイプに合った抗がん剤あるいは分子標的治療薬を使ってがんの縮小を図ることがあります。がんが縮小した場合には乳房部分切除が可能になになることもあります。
放射線治療
乳房部分切除された方は残った乳房内のがん再発を予防するため、通院で25回の放射線照射を行います。また乳房全摘された方でも複数個のリンパ腺転移があった場合には、手術した部位に放射線照射を行う場合があります。

甲状腺疾患について

甲状腺は頸部の気管の前方に存在すします。6センチメートル位の大きさで正面から見ると蝶々のような形態をした臓器で体や脳の働きを活発にする甲状腺ホルモンを分泌しています。
甲状腺にできる疾患はがん、良性腫瘍等の腫瘤を形成する病変、甲状腺が腫れる慢性甲状腺炎、甲状腺ホルモンを過剰に分泌するバセドウ病があります。
当科では1センチメートルを超える甲状腺がん(乳頭癌がほとんど)、長径3センチメートルを超える良性腫瘍(腺腫および腺腫様甲状腺腫)、薬物でのコントロールが不良なバセドウ病(甲状腺機能亢進症)を手術対象にしています。
近年、CTや超音波診断装置の発達により甲状腺内の小腫瘤が多数発見されるようになりました。最近では頸動脈エコー検査の際に甲状腺腫瘤が見つかることがよくあります。
当科の柄松医師は、前任地で甲状腺の超音波検診を行っていました。1991年3月から1995年12月までの5年間にはのべ15,190人が受診し,うち976人が0.5センチメートル以上の腫瘤を指摘されました。精密検査の結果は甲状腺乳頭癌55人(長径1センチメートル未満29人),良性腫瘍657人,慢性甲状腺炎89人そしてバセドウ病12人が発見されました。
甲状腺癌の大半を占める乳頭癌のうち1センチメートル未満のものを微小癌と呼びますが殆どが予後がよく、甲状腺専門病院で直ちに手術した群(約1,000人)と経過観察した群(約1,000人)を10年以上経過観察したところ両群に死亡者はなく、経過観察した群で0.3セントメートル以上増大したのは7%位でした。当科でも1セントメートル未満の乳頭癌は原則経過観察しています。
診断
診断は超音波およびCTでの画像診断、がんを疑った場合は細い注射針で穿刺吸引細胞診を行います。
手術
手術は鎖骨のすぐ頭側を約7セントメートル横切開します。良性腫瘍および2セントメートル未満の乳頭がんの場合は甲状腺の半分を切除します。乳頭がんが2セントメートルを超えていたり、周囲に転移したリンパ腺が認められる場合は甲状腺を全切除しさらにリンパ腺切除します。
バセドウ病の場合は甲状腺を全切除します。どの疾患でも入院期間は5日間です。
手術の傷は数年たつと目立たなくなる人が大半です。

副甲状腺疾患について

副甲状腺は甲状腺の背中側に通常4個ついています。大きさは米粒大です。骨の中にあるカルシウムを血液中に供給する副甲状腺ホルモンを分泌しています。副甲状腺が大きくなったり(過形成)、腫瘍化したり(腺腫)して過剰に副甲状腺ホルモンを分泌すると高カルシウム血症を起こします。骨のカルシウムが血中に過剰に供給されるため骨がスカスカになります。一方過剰に血液に供給されたカルシウムが原因で胃潰瘍、すい臓炎、胆石、腎臓結石、また精神異常を起こすこともあります。
診断
超音波、CT、MIBIシンチグラフィで大きくなった副甲状腺を見つけます。
治療
手術は鎖骨のすぐ頭側を3~4セントメートル横切開して甲状腺の裏にある副甲状腺を切除します。
入院は4日前後、手術の傷は数年たつと目立たなくなる人が大半です。

担当医師の紹介

医師名 役職名 認定医、専門医等
柄松 章司 部長 日本外科学会外科専門医
日本乳癌学会認定乳腺専門医
日本乳癌学会認定医
検診マンモグラフィー読影認定医(指導医)
日本医師会認定産業医
日本内分泌外科学会専門医
日本内分泌外科学会評議員
日本乳癌学会認定乳腺指導医
日本乳癌検診学会評議員
日本臨床外科学会評議員
臨床研修指導医
西川 さや香 乳腺・内分泌外科医長 日本外科学会外科専門医
日本乳癌学会乳腺認定医
片桐 悠介 乳腺・内分泌外科副医長 日本外科学会外科専門医
安東 美の里 医員

診療担当一覧

外来診療担当医ページ:外科をご覧ください。

診療・手術実績

乳腺内分泌外科の手術は、週に3~4件です。
<2020年の手術件数>
乳腺手術:129件(うち乳癌:114件)
甲状腺手術:12件
副甲状腺手術:4件