グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 診療科 > 外科 > 呼吸器外科
  • 戻る
  • 進む

呼吸器外科



呼吸器外科について

肺、縦隔の疾患の手術を行います。咳の持続、血痰、胸部痛、息切れなどの呼吸器症状が出現した場合には、まず、呼吸器内科を受診してください。 内科にて色々な検査を行い病気の診断をします。その病気が手術の対象となる場合に呼吸器外科を受診していただくことになります。 他院より、呼吸器外科への紹介状をお持ちの方は、直接受診してください。 ただ、手術前に内科的な検査がまだ必要と思われるときには、呼吸器内科を受診していただき、再検査などを行うこともありますのでご了承ください。
手術の対象となる疾患は、肺癌、転移性肺癌、肺腫瘍、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、胸膜腫瘍、気胸、肺嚢胞症、横隔膜疾患、膿胸、胸部外傷、多汗症などです。

主な疾患

肺腫瘍性疾患:肺癌、転移性肺腫瘍、肺良性腫瘍
気腫性肺疾患:気胸、肺のう胞症
炎症性疾患:膿胸(のうきょう)、肺化膿症
縦隔疾患:縦隔腫瘍(とくに胸腺腫)、重症筋無力症
胸壁・胸膜の疾患:胸膜中皮腫、胸壁腫瘍
その他:気管腫瘍、気道狭窄、胸部外傷、血胸など

主な治療法

原則的に胸腔鏡手術による低侵襲手術を行います(進行癌や症例によっては、開胸手術になります)。
肺癌:完全胸腔鏡下肺葉切除術
気胸:胸腔鏡下肺嚢胞切除術
縦隔腫瘍、胸壁腫瘍:胸腔鏡下腫瘍切除術

担当医師の紹介

医師名 免許取得 役職名 認定医、専門医等
西田 勉 昭和54年 病院事業管理者
呼吸器外科部長
外科部長
日本外科学会指導医
日本外科学会認定医
日本外科学会外科専門医
日本胸部外科学会認定医
呼吸器外科専門医
肺がんCT検診認定医師
緩和ケア指導者研修会修了
日本病院会医療安全管理者
臨床研究基礎知識講座(ICR Web)終了
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医
彦坂 雄 平成12年 呼吸器外科主任部長
外科部長
日本外科学会外科専門医
呼吸器外科専門医
中川 啓輔 平成29年 医員

診療担当一覧

外来診療担当医ページ:外科をご覧ください。

診療・手術実績

2018年手術実績

原発性肺癌 47例(うち完全胸腔鏡下肺葉切除術23例)
転移性肺腫瘍 5例
縦隔腫瘍 4例
気胸 46例
その他 5例

合計 107例