グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 看護局 > 職場紹介 > 東5階病棟
  • 戻る
  • 進む

東5階病棟


多職種と連携し、病気と上手に付き合っていけるように看護を提供しています

東5病棟には循環器内科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、リウマチ科、呼吸器内科の患者さんが主に入院されています。
突然の胸痛により心臓カテーテル治療を行う患者さんや透析を始める患者さん、糖尿病の治療と教育のために入院する患者さんや血管の炎症に対する治療を行う患者さんなど、入院している患者さんは様々です。
今後の人生で、ずっと付き合っていかなければならない病気を慢性疾患と言いますが、それらは退院後も薬物治療や食事療法、運動療法などを続けていく必要があります。看護師は、患者さんが安全に治療を受け、安心して入院生活を送ることができ、今後も病気と上手に付き合っていくきっかけを提供することを目指して看護をしています。
そのためにも看護師と介護福祉士、看護補助者、看護事務者が『ONE TEAM』となり、医師や薬剤師、栄養管理士、リハビリ技師と連携して患者さんによりよい看護を提供していきたいと考えています。