グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



  • 戻る
  • 進む

教育


キャリア開発の考え方

看護師にとってのキャリア開発とは、「個人の生き方へのニーズ」と「組織の活性化へのニーズ」の両方を満たすことだといえます。組織に入る一人ひとりが、組織の資源を活用しながら能力を発揮し、経験を積み重ねて満足のいくキャリアを歩むことで、結果的には組織にポジティブなフィードバックが起こり、組織目標を達成することができるという考え方です。

キャリア開発を図るためのクリニカルラダーとは

看護師の臨床実践に必要な能力を段階的に表現したものです。またそれ以外に、管理的な能力の段階や、教育に関しての段階が表現されています。

クリニカルラダーの目的

  1. 看護師の臨床実践能力を評価し、能力向上への動機づけとし、教育的サポートの基準にする。
  2. 看護師の職務満足度を向上させる。
  3. 看護師の個々のキャリア開発に役立てる。
  4. 人事考課、配置転換、給与等への資料とする。

クリニカルラダーの段階

クリニカルラダーシステム

キャリア開発を図るための看護局の教育の目的

  1. 医療チームの中にあって看護の役割と責任を果たすことのできる人材を育成する。
  2. 研修・研究を通して看護師の資質の向上並びに、看護の質の向上を図る。

教育の目標

  1. プライマリーナーシングを実践できる能力を身につけることができる。
  2. 看護の質の向上を図るための研究を進めることができる。
  3. 自己のライフスタイルの中でキャリア開発と専門看護をめざすことができる。
  4. 効果的な教育支援ができる能力を身につけることができる。
  5. 自分の能力を査定し必要な学習を選択し、自ら学ぶことができる。

院内教育プログラムの考え方

豊川市民病院看護局は理念を「患者中心の心のこもった看護をいたします」と掲げています。看護方針は次のように立てています。
  1. 安全で安楽な質の高い看護に努めます
  2. 患者の権利を尊重し、信頼される看護に努めます
  3. 人間性豊かな専門職業人をめざして自己啓発に努めます
豊川市民病院の看護とは「地域住民の健康問題に関して、良好な人間関係を基盤として専門的知識をとおして、対象が自立して日常生活ができるよう援助する。」です。看護局の掲げる看護を実践できる看護師を育成するために、院内教育プログラムを計画しました。クリニカルラダーの各レベルには到達目標があり、その目標を達成するために、院内教育を活用します。目標達成をするにあたっては、OJTとOff-JTの教育手法を選択し実施します。

新人教育の考え方

新人看護師育成の目的は、リアリティショックの予防と緩和を図り、職場適応を促進することです。目的を達成し、離職を防止するために、3つのキーワードで新人を育成してゆきます。
  1. 皆で育てよう
  2. 看護技術の習得を支援しよう
  3. 仲間作りをしよう
新人指導はペア体制で行います。6ヶ月の間、先輩看護師とペアになり、一緒に業務を行い、先輩の看護技術、アセスメント、看護観等を学びます。新人指導者会議、プリセプター会議、師長会で情報を共有し、新人育成に活かしています。新人の仲間作りを支援するために、新人フォロー研修時に新人同士の話し合いの場をつくり、励ましあえる機会をつくります。

新人教育の目標

  1. 社会人及び専門職としての姿勢や態度を獲得する
  2. 安心で安全な看護ケアを提供するための基本的な看護実践能力を獲得する

新人フォロー研修


平成30年度新人研修の様子(4月入職時から6月まで)

接遇研修

接遇研修

情報職員としての身だしなみや挨拶・患者対応について、ロールプレイを通して学びました。

排泄ケア

排泄ケア

排泄ケアをするために必要なアセスメントについて学びました。
残尿測定器のデモンストレーションをしている様子です。

ICT・セーフティー(安全・感染)

ICT・セーフティー(安全・感染)

6Rについて・KYTについて・標準予防策について実践を通して学びました。

BLS

BLS

病院職員とともにBLSについて学びました。

褥瘡予防対策

褥瘡予防対策

体位変換を実際に体験しました。体圧測定器の使用方法を学びました。

食事介助・口腔ケア

食事介助・口腔ケア

実際の口腔ケアを体験し、苦痛の少ない口腔ケア方法を学びました。

採血・吸引

採血・吸引

人形を使って吸引の手技を行っているところです。
採血は新人同士でお互いに採血しました。

認知症患者の看護

認知症患者の看護

言葉がけや対応によって患者さんの反応が変わることを学びました。(患者役は認知症患者役の講習を受けた先輩看護師です)

患者の移乗・腰痛対策

患者の移乗・腰痛対策

理学療法士が講師となり、腰に負担のかからない移乗介助方法を実際に行って学びました。

報告・連絡・相談

報告・連絡・相談

ほう・れん・そうについてワールドカフェというグループワークの方法で、ざっくばらんに意見交換をしました。

夜勤業務

夜勤業務

夜勤業務における多重課題について、グループワークをしました。

経腸栄養

経腸栄養

経腸栄養を行うときの体位や、滴下速度のあわせ方を実際に体験しました。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。