グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 診療科・部門 > 部門 > 臨床検査科
  • 戻る
  • 進む

臨床検査科


臨床検査科のご紹介

臨床検査とは、人から排出される尿、便など人体を流れている血液、髄液、また、人体を作っている細胞、臓器などの検体検査や臓器の状態を物理的に捉えられる生理検査があります。臨床検査は病気の診断、治療、病気の早期発見や予防になくてはならない手段です。
豊川市民病院 臨床検査科では患者の血液・尿などを調べる検体検査部門(一般検査、血液検査、臨床化学検査、免疫血清検査、輸血検査、細菌検査、病理・細胞診検査)と患者自身を検査する生理検査部門(心電図、脳波、超音波など)の検査があり、それぞれの検査を臨床検査技師(国家資格)が行っております。
また臨床検査科は24時間365日、臨床検査技師が常駐し緊急検査にも対応しております。さらに中央処置採血室、総合健診室の運営にも携わっております。
当院では信頼されるデータを提供できるよう検査オーダから分析までバーコードにより管理され、結果は熟練した臨床検査技師の確かな目とコンピューターによる何重ものチェックの上報告しております。また、各検査において内部精度管理のみならず日本医師会・日本臨床衛生検査技師会・愛知県臨床衛生検査技師会などの主催する精度管理に積極的に参加することにより常に正確なデータを迅速に報告できるよう日々努めております。
臨床検査科 技師長/南條 明徳