グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 当院について > 病院概要 > 教育病院
  • 戻る
  • 進む

教育病院


地域のみなさまへお願い ~教育病院について~

当院は、厚生労働省の指定を受けた臨床研修病院です。医師は医学部を卒業し医師国家試験合格後、臨床研修病院で2年間の臨床研修を行うことが義務付けられています。そのため当院では臨床研修医が適切な指導体制の下で診療に参加し、医師としての資質の向上を図っています。

また大学医学部を始め様々な医療職養成学校の実習病院として、多くの学生の実習指導も行っています。

これらの研修医・実習生は、将来の医療を担う貴重な人材です。当院では人材育成も重要な使命と考え教育病院としての役割を果たして参ります。臨床研修や学生実習につきまして、地域のみなさまのご理解、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

病院長

当院との連携協定

名古屋市立大学との連携に関する協定を締結

豊橋創造大学との連携・協力に関する協定を締結

愛知県立宝陵高等学校との連携・協力に関する協定を締結

名古屋市立大学医学部附属病院地域医療教育研究センター
教授・准教授の委嘱について

名古屋市立大学と締結した連携協定をもとに、令和2年12月1日付けで当院の医師3名が名古屋市立大学医学部附属病院地域医療教育研究センター教授・准教授として委嘱されました。
今後、医師の人事交流等を行うことで、地域の医療水準の向上や地域医療を担う人材の育成を推進していきます。

【名古屋市立大学医学部附属病院地域医療教育研究センター】
教授:佐野 仁(豊川市民病院副院長)
教授:池上 之浩(豊川市民病院副院長)
准教授:大塚 聖視(豊川市民病院整形外科部長)