グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 戻る
  • 進む

地域医療研修


地域の中小病院・診療所を研修協力施設とし、患者が営む日常生活や居住する地域の特性に即した医療や急性期病院以外の医療の実態を経験し、理解する。
研修期間は、4週間を基準単位とし、各研修協力施設をローテートし、この期間にできるだけ多くの地域医療の実際を経験する。
また、必修研修期間(1カ月)以外に、選択研修科目として、地域医療研修を希望する場合は、適宜、研修協力施設と調整を図り、研修を行う。
医療機関名 院長名 研修期間
可知病院 可知 裕章 1週間
池田内科循環器科 池田 浩志郎 6施設で3週間
タチバナ病院 伊藤 文則
井上医院 井上 和彦
大石病院 大石 明宣
国府病院 大谷 享
大野泌尿器科 津ヶ谷 正行
大橋医院 大橋 茂樹
後藤病院 後藤 学
ささき小児科 佐々木 俊也
たけもとクリニック 竹本 正興
樋口病院 樋口 俊寛
福田内科 福田 成俊
鈴木耳鼻咽喉科 鈴木 昭男
田中内科医院 田中 裕二
【研修協力施設】以下のPDFファイル(研修プログラム)を参照してください。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。