グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 戻る
  • 進む

2024年度


5月20日 救外でのエコーの使い方(心臓編)

第4回豊川医学講は「救外での超音波装置の使い方(心臓編)」ということで、救急外来の現場でも必須の技術である心エコーを学びました。実際の病棟の部屋をお借りして、患者役の研修医を相手に一人ずつ演習し、全員が装置を通して心臓の状態を見ることができるようになりました。

循環器内科の先生方、ご指導ありがとうございました!

5月20日 剖検に参加

1年次研修医のTです!

本日、剖検に参加する機会がありました。
剖検では、ご遺族の承諾を得て、病気で亡くなられた患者さんの死因解明を行います。

様々な臓器の大きさや解剖学的な位置などを
確認でき、貴重な体験となりました。

今後に、この経験を生かしていきたいです!

5月18日 マイナビRESIDENT FESTIVAL

ポートメッセなごやで開催された”マイナビRESIDENT FESTIVAL”に参加しました。

たくさんのの皆さんが当院ブースに来てくれて本当にうれしかったです。
また、1年次・2年次研修医が、熱心に説明してくれている姿に、スタッフ一同感激しました!

ブースに来てくれた皆さん、説明頑張ってくれた研修医・ドクターの皆さん、ありがとうございました!

学生の皆さん、ぜひ、また、病院見学に来てくださいね!

5月13日 読影にあたってのポイント

第3回豊川医学講で、1年次を対象に「読影にあたってのポイント」を開催しました。放射線科医師の解説のもと、実際の症例を見ながらの講義で、今後の救急外来での診療にすぐに役立つ勉強会となりました。

5月9日 救急勉強会「GW反省会、骨折ディスカッション ほか」

1年次研修医のOです。

今回の救急勉強会では…
・忙しかったGW中の症例反省会
・椎骨骨折の見逃しを防ぐためのディスカッション
・高血糖/低血糖についてのレクチャー(by 2年次研修医&糖尿病・内分泌内科の先生)
を行い、大変充実した勉強会になりました。

これからも、いろいろな先生の経験症例を通して勉強し、緊急性の高い疾患を自信もって診療できるようになりたいです。

4月25日 救急勉強会「目眩と失神」

1年次研修医のTです。

2年次の先生に目眩と失神の対応についてレクチャーしていただいた後、今週の救急外来での症例を共有しました。

1年次はまだまだ経験症例が少ないですが、救急勉強会では他の研修医と症例を共有し意見を交換し合うことで、より多くの疾患への対応を学ぶことが出来ます。

4月22日 救急外来の固定術

1年次研修医のKです!
令和6年度第2回豊川医学講「救急外来の固定術」を整形外科の先生方のご協力で開催しました。
実際に包帯やシーネを用いてお互いに固定し合うことで、救急外来での対応を実践的に学ぶことができました!

4月15日 採血・点滴の手技

令和6年度第1回豊川医学講「採血・点滴の手技」を開催しました。今回はキャリア支援センター臨床研修サポーターの中井先生が中心となって、当院小児科の先生方全員が、1年次研修医に実技研修をしました。

中井先生自らも練習台になり、研修医もお互いが腕を貸し合って、たくさん手技を行うことができました。

救急外来に入ることになる研修医のことを思っての小児科の先生方のご指導に、ただただ感謝するのみです。

研修医のみんなもこういった先輩やチームの皆さんへの感謝の気持ちを忘れず、研修をしていきましょう!

4月2日~14日 研修医オリエンテーション研修

令和6年度採用の研修医オリエンテーション研修を、4月2日~4月14日の2週間で行いました。
研修には事業管理者、院長を始め、院内外の多くの方のご協力で、
あわせて59もの内容を行うことができました。

研修医の皆さん、これだけの人たちが、忙しい中、時間を割いて、皆さんのためだけに
講義等を行ってくれたことを忘れないでください。

皆さんを大切に思う気持ち、期待する気持ち、そういう様々な気持ちに応えていけるかは、
これからの皆さんの気持ち次第です!

お互いに助け合って、切磋琢磨し合って、がんばっていきましょう!

4月11日 令和6年度救急勉強会スタート!

2年次研修医のTです。
4/11は新しい一年次研修医を迎えて初めての救急勉強会でした!

救急勉強会では研修医と指導医によるレクチャーで知識を深め、救急外来で出会った症例についてみんなで話し合ってます✐

和気藹々とした雰囲気でちょっとした疑問を上級医に質問するいい機会です!これから一年間みんなで頑張りましょう!

令和6年度採用臨床研修医

★令和6年度採用の臨床研修医★
医科9名、歯科1名の計10名の精鋭たちです。
これから、苦楽を共にする仲間たちです。
時には互いに𠮟咤激励しながら、切磋琢磨していきましょう!

よろしくお願いします。