グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  専攻医、臨床研修医 >  キャリア支援センター センター長より
  • 戻る
  • 進む

キャリア支援センター センター長より


鈴木 健

キャリア支援センター長

循環器内科 診療部長
救急科 診療部長


プログラム責任者
鈴木 健
私は循環器内科の傍ら、救急外来で初期研修医とともに救急診療を行っている救急専門医です。当豊川市は500床以上の大規模病院が当院しかなく、また、新城市をはじめとする東三河の北部からも症例が訪れますので、commonな疾患から、珍しい症例、重症な症例まで、豊富に経験することができます。当院の年間の救急車の受け入れは約7,000台、初期研修医が診療する救急症例は救急車も含めて約18,000名です。ただ、なんて患者が多いのだと恐れるなかれ、1日に救急外来で診療にあたる初期研修医は約5名(日勤帯、夜勤帯併せて)なので、1人当たり1日に診療する症例は約7-8名程度です。ちょうどよい患者数といえるでしょう。初期研修医はそれらの症例を我々救急医とともに診療し、その経験をもとに日々成長しています。また、各科の熱心な指導医が各病棟でも各研修医に各科の疾患を一緒に診療しています。それをバックアップすべく、キャリア支援センターの医師部門では、カンファレンスを定期的に設け、横断的なプログラムで研修医の成長を支援しています。また、対外的にも学会発表や英文レポートの作成などをサポートすべく、当院のいたるところでe-journalにて文献検索も可能な環境にあり、実践的にも学術的にも研修できるよう環境を整えて、学生の皆さんをお待ちしています。