グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  日本看護協会認定看護師 >  手術看護認定看護師
  • 戻る
  • 進む

手術看護認定看護師


松井 喬道

認定看護師を目指したきっかけを教えてください。

当院では手術を受ける患者さんのほとんどが前日入院です。入院日に術前訪問を行っていますが、術前に患者さんに会えないまま、手術当日に初めて患者さんに会うということも少なくありませんでした。その中で日々担当する患者さんに対して、より個別性を重視した看護を行うことができるようにしたいと考えるようになりました。さらに、手術という大きなライフイベントに不安を抱えながら挑む患者さんを理解し、ケアを充実させる為にもスキルアップが必要であると考え、認定看護師を目指しました。

認定看護師としての現在の仕事の内容を教えてください。

  • 手術室看護師が患者さんへの一貫したケアの提供ができるように、看護実践を通して根拠に基づいた専門的知識や技術に関する指導を行っています。
  • 手術室看護師への相談対応・支援を行っています。
  • 特殊な症例に関して手術室看護師と情報共有し、手術体位や必要器材の調整など、他職種との連携、協働を行っています。
  • ダビンチによるロボット支援手術の導入に伴う調整、情報伝達を手術室看護師や医師、臨床工学技士等と連携し行っています。
  • 安全な手術室運用のために中央材料室や委託業者とも連携を行っています。

仕事中の様子

仕事のやりがいを教えてください。

手術が問題なく終了し、患者さんに「ありがとう」と感謝の言葉をいただいき、患者さんが安堵した表情で病棟へ帰室された時にやりがいを感じます。また、手術室看護師への相談対応・支援を行った結果、看護ケアが充実した時にやりがいを感じます。

今後の目標について教えてください。

当院でもダビンチによるロボット支援手術が今後予定されています。そのため、手術看護はより専門性が要求されると考えます。手術を受ける患者さんに対して、安全で安心できる看護を提供するために、医師や他職種、他の専門分野の認定看護師と連携していきたいと考えます。また、手術を受ける患者さんの家族も同様に不安を抱えると思います。その不安を理解し、軽減できるように病棟看護師や医師と連携して関わっていきたいと考えます。そして、スタッフと共にスキルアップできるように頑張っていきたいと思います。