グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  日本看護協会認定看護師 >  摂食・嚥下障害看護認定看護師
  • 戻る
  • 進む

摂食・嚥下障害看護認定看護師


青谷 豊子

鈴木 之惠

認定看護師を目指したきっかけを教えてください。

飲んだり、食べたり当たり前の様にしていたことが、入院の場では当たり前ではない現実に直面しました。看護師としてどのような視点でいたら良いのか考え始めたのがきっかけです。(鈴木)

脳神経外科で勤務していたとき、患者自身「食べたい」と望んでいた患者のリハビリについて医師と話し合い、絶食のまま退院となったことがきっかけでした。看護師として専門的知識を持ち、食べられるチャンスをみつけるケアを行いたいと考え認定看護師を目指しました。(青谷)

認定看護師としての現在の仕事の内容を教えてください。

嚥下機能評価、嚥下訓練
食事に関する説明や指導、どの様な食事内容が向いているのか訪問ケア
口腔ケアチームとして、手術や抗がん剤治療、放射線治療をされる方の口腔ケアサポート
NSTメンバーとしての役割

仕事のやりがいを教えてください。

食べ続ける方法を見いだせた時、患者さんの喜んでくれている姿、支援されている周りの方々と一体になり、元の生活に戻るための方法を考えている時、口腔内環境を整えることで、口の中の痛みが減ったり爽快感を感じたりして表情が明るくなる様子が見られた時、このようなときに頑張ろうと思います。

今後の目標について教えてください。

東三河の地域へ活動を広げ、地域のスタッフと一緒に訓練や食べられるサポートを行いたいです。
口腔ケアを予防医療の1つとして積極的に進めて行く事が出来る様に関わっていきたいです。