グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  日本看護協会認定看護師 >  脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
  • 戻る
  • 進む

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師


認定看護師を目指したきっかけを教えてください。

臨床経験6年目のとき、脳卒中患者に対し、今よりいいケアがしたい、自分がやれることは他にないのかと悩んでいました。そんなとき、認定看護師養成が名古屋で開講されることを知り、専門的な勉強がしたい、ケアを考えることができると考え、受験をしました。

認定看護師としての現在の仕事の内容を教えてください。

鈴木 あゆみ

脳卒中患者の離床基準の作成
病棟スタッフからの看護計画の相談、指導
近隣自治体病院に在籍する脳卒中リハビリテーション看護認定看護師との連携、各種フォーラム参加、学術集会への研究提出
離床困難患者の支援:リハビリ技師との連絡、相談

仕事のやりがいを教えてください。

多職種と連携し看護援助を進め、患者が飛躍的に機能向上したときには喜びとやりがいを感じます。また、「いろいろ教えてください」「勉強になります」と病棟スタッフから声をかけてもらえたときには、認定看護師でよかったと実感します。

今後の目標について教えてください。

近隣病院の脳卒中リハビリテーション看護認定看護師と連携を進め、脳卒中発症時の早期受診、予防に関する指導が東三河全体での活動につなげることが目標です。急性期病院から維持期病院まで巻き込んで、地域での取り組みとして活動していけるようにしたい。