グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  日本看護協会認定看護師 >  感染管理認定看護師
  • 戻る
  • 進む

感染管理認定看護師


石黒 早織

認定看護師を目指したきっかけを教えてください。

きっかけは脳外科病棟勤務中に発生したクロストリディオイデス腸炎の感染対策です。
腸炎が発生した際、発生の原因や具体的な感染対策の実践方法がわからずに「自分達が実践している対策」が本当に正しい方法なのか悩んでいました。医師に「看護師さん達がきちんと対策してくれないから」と言われたのですが、反論できるだけの知識が自分にないことが悔しかったです。その時の上司(病棟師長)に背中を押され、感染管理の道に飛び込みました。

認定看護師としての現在の仕事の内容を教えてください。

  1. 感染症対策
    他職種(医師、薬剤師、臨床検査技師など)と共に、耐性菌、インフルエンザ検出状況の確認、現場での感染対策実践状況をICTチームや委員会メンバーでの院内ラウンドを行っています。
  2. コンサルテーション
    院内、院外から感染症対策について相談、問い合わせがあります。
  3. 行政との対応
    感染症法で定められている感染症(結核など)が発生した際、保健所との対応を行っています。
  4. 他施設との連携
    東三河で勤務する感染管理認定看護師の仲間や、他施設の感染対策担当者と定期的に集まり、情報交換などをしています。

仕事のやりがいを教えてください。

他職種と連携しながら組織横断的に活動していることです。
専従として勤務しているので、様々な職種の方や患者、家族と接する機会が多いことが刺激になっています。

今後の目標について教えてください。

職種、施設を問わず「感染対策」の仲間を増やすことです。
感染管理に興味のある方、お気軽に声を掛けて下さい!!