グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  日本看護協会認定看護師 >  皮膚・排泄ケア認定看護師
  • 戻る
  • 進む

皮膚・排泄ケア認定看護師


足立 美恵子

大城 佐紀子

認定看護師を目指したきっかけを教えてください

ストーマケアに難渋することがあり自己学習だけでは問題を解決できなかったため、認定看護師の研修を受けることで知識・技術を向上したいと考えました。(大城)

認定看護師としての現在の仕事の内容を教えてください。

  1. 褥瘡管理者としての活動
    褥瘡発生患者、褥瘡ハイリスク患者のラウンド、褥瘡回診、皮膚科医師とのカンファレンス
    褥瘡発生状況のデータ管理、褥瘡予防物品の管理
  2. 創傷・ストーマ・失禁ケアの実践
    (フットケア外来、ストーマケア外来)
  3. 患者・家族、スタッフへの指導
  4. 院内職員からの相談対応
  5. 褥瘡対策委員会としての活動
  6. 皮膚・排泄ケア領域に関する研修会の開催

仕事のやりがいを教えてください。

多職種で連携し、良い治療やケアが提供でき患者さんの創が改善(治癒)した時。
入院中から外来へ移行した後も継続的に関わることができ、ストーマ外来を受診した患者さんから「ここへ来ると安心する。」と言っていただけた時。

今後の目標について教えてください。

皮膚・排泄ケア分野に興味を持ってくれるスタッフが増えるよう関わっていきたいです。