グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  看護師 >  日本看護協会認定看護師 >  がん化学療法看護認定看護師
  • 戻る
  • 進む

がん化学療法看護認定看護師


平松 克代

小部 明紀

認定看護師を目指したきっかけを教えてください。

抗がん剤に関する一般的な知識しかなかったことで、患者さんへ十分なケアが行えない時期がありました。抗がん剤についての勉強をする中で、患者さんに対して副作用支援が徐々に行えるようになり、「もっと知識を深めて患者さんのお役に立ちたい、同じような悩みをもっているスタッフに助言できるようになりたい」と思うようになったことが認定看護師を目指したきっかけです。(小部)

抗がん剤治療を受ける患者さんに携わる機会が多くなった頃、日々の看護実践の中で抗がん剤治療に関する知識や技術が不足していると感じました。そのため、抗がん剤の専門的な知識や技術を学ぶことで、治療により不安や苦痛を抱えている患者さんに対し、具体的な副作用支援ができるようになりたいと思い認定看護師を目指しました。(平松)

認定看護師としての現在の仕事の内容を教えてください。

外来、病棟で化学療法を受ける患者さんのがん看護カウンセリング
副作用支援
安全に抗がん剤治療を行うためのスタッフ教育、育成
各種マニュアルの作成、修正
委員会活動

仕事のやりがいを教えてください。

患者さんの治療目的、使用される治療薬、生活背景などを踏まえた副作用支援を行い、少しでも安楽に治療生活を送れるよう尽力しています。その中で、「治療は大変だけど、少し楽に過ごせることができたよ」と患者さんから言われた時は、大きな喜びを感じます。

今後の目標について教えてください。

新規薬剤の登場や各種ガイドラインの改定など、めまぐるしく変化する治療環境の中で、患者さんが安心・安全に治療を受けてもらえるよう、私たちも知識のアップグレードをしていきます。スタッフへの助言・指導も積極的に行っていきたいと思っています。