グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 看護局 > 勤務体制
  • 戻る
  • 進む

勤務体制


看護は24時間を通して患者によりよい看護を提供していく責任があります。 質の高いしかも効率の良い看護を実践するためには、看護方式を考えなければなりません。
当院では医療の特徴や看護要員の背景などと、患者中心の看護実践を求めて原則的にはプライマリーナーシング (入院から退院まで、患者の受持看護師を決めて行う方法)を実施しています。
病棟における一般的な日勤の体制では、受け持ち患者の数や役割など、病棟の状況や患者の重症度などによって適宜調整されています。

看護職員(平成30年4月1日時点)

助産師 21  パート助産師 7
 看護師 425  パート看護師 68
 介護福祉士 6  パート准看護師 2
 看護補助者 1  パート補助者 40
 再任用助産師 1  パート事務員 32
 再任用看護師 8  再任用看護補助者 2
 再任用准看護師 1

勤務体制

  • 病棟は均等三交替制 二交替制(12時間)・変則二交替制(16時間)
  • 外来は均等三交替制
  • 放射線科は変則二交代制(16時間)
  • 手術室は待機制
  • 多様な勤務体制を検討する委員会で意見を出し合い、働きやすく、働き続けられる環境作りに取り組んでいます。

看護体制

  • プライマリーナーシング + チームナーシング

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。