グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 当院について > 患者の権利と責務
  • 戻る
  • 進む

患者の権利と責務


豊川市民病院では、「医療は、患者と医療提供者との相互信頼に基づき、協働してつくり上げていく」ことを基本として、患者のみなさんに医療へ主体的に参加していただけるよう、以下に掲げる「患者の権利」を尊重し診療を行います。
  1. 差別されることなく、良質な医療を公平に受ける権利があります。
  2. 人格、価値観などが尊重され、尊厳を保つ権利があります。
  3. 真実を知る権利を持ち、病気の性質や治療内容などを理解・納得できる十分な説明と情報を受ける権利があります。
  4. 治療方法などを自分の意思で選択し、決定する権利があります。
    また、治療を拒否する権利もあります。
  5. どのような治療の段階においても、他の医療機関などの医師の意見を求める権利があります。
  6. ご自身の診療記録の開示を求める権利があります。
    また、診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られる権利があります。
すべての患者のみなさんが、良質で適切な医療を受けられるように、以下に掲げる「患者の責務」についてご協力をお願いします。
  1. 良質な医療を実現するために、ご自身の健康に関する情報を、医師・看護師などにできるだけ正確に伝えてください。
  2. 他の患者の診療に支障を与えないよう配慮してください。
より良い医療を行うために豊川市民病院職員は、患者のみなさんと心のつながりを大切にします。