グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



  • 戻る
  • 進む

緩和ケア研修会


 当院では、がん等の診療に携わる全ての医療従事者が、基本的な緩和ケアについて正しく理解し、緩和ケアに関する知識や技術、態度を習得することができるよう、厚生労働省の示す指針に則り、年1回「緩和ケア研修会」を開催しています。
 この研修会では、e-learningによる事前学習の他、緩和ケアの経験の深い医師をお招きした座学・ロールプレイ・グループワークを通し、緩和ケアについて深く学んでいただきます。

 なお、この研修会は、当院医師に限らず、地域の医師・歯科医師の皆様、また医師と共に緩和ケアにあたる医療従事者も受講することができます。
●令和元年度 豊川市民病院緩和ケア研修会を開催しました
 日時:令和2年2月2日(日)
 場所:豊川市民病院 講堂
当院医師を始め、院外からの参加者を含め18名(医師15名、歯科医師1名、看護師1名、薬剤師1名)が受講しました。

座学の様子

ロールプレイの様子
ロールプレイでは、全ての参加者が医師役、患者役を演じ、患者さんの状況や気持ちを体験することで、コミュニケーションの重要性と、その難しさを再認識しました。
患者役を終えた受講者からは「告知されて、戸惑った。」、「これからどうしようと不安な気持ちになった。」などの声が聞かれました。

グループワークの様子
グループワークでは、経験・職種を超えた受講生同士が議論します。地域医療連携を題材にした演習もあり、幅広い知識の習得や、講師の先生の経験談を聞く事もできました。