グローバルナビゲーションへ

本文へ

バナーエリアへ

フッターへ



ホーム > 当院について > 病院からのお知らせ > 救命救急センターの指定・開設について
  • 戻る
  • 進む

救命救急センターの指定・開設について


豊川市民病院では、県からの指定に基づき、以下のとおり救命救急センターを開設しました。

1 指定・開設日
 令和元年12月1日(日曜日)
2 場所
 当院1階の現救急センター、3階の救急病棟18床とICU(集中治療室)4床が、一体的に救命救急センターとなりました。
3 概要
 救命救急センターは、一般の救急医療機関では対応できない重篤な救急患者に対し、24時間体制で高度な医療を総合的に提供する三次救急医療を担う施設です。
当院では、平成30年度、救急車により搬送された7,019人を含め、1万6,748人の救急患者を受け入れるなど、二次救急医療機関として地域の救急医療に貢献してまいりました。その体制や運用状況が、指定要件を満たしているものと認められ、県内で24か所目の救命救急センターとして指定されたものです。
引き続き、重症・重篤で緊急度の高い救急疾患に、24時間体制で迅速かつ確実に対応していきます。

記者発表資料

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。