平成30年度 豊川市民 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,098 274 347 503 694 895 1,715 2,670 1,973 492
年齢階級別退院患者数は、平成30年度に豊川市民病院を退院した患者さんの年齢を年代別に集計したものです。
当院は、地域の急性期中核病院として、救急医療の充実と高度・専門医療を実践しており幅広い年齢層の患者さんを診療しております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 520 2.27 2.67 0.00% 68.41
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 142 9.15 10.08 0.70% 72.42
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 136 1.90 7.55 0.00% 69.29
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 なし 79 7.75 7.75 0.00% 66.38
060100xx01xx1x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病あり 65 2.66 3.94 0.00% 74.65
消化器内科では食道、胃、十二指腸、小腸、大腸などの消化管や、肝臓、胆道、膵臓を主とした消化器疾患を対象に専門的に診断と治療を行います。
消化器の病気の中には、外科的手術が第一の治療となる病気も多くみられます。
そのため外科医、放射線科医と手術適応に関する検討会を定期的に行い、常に綿密な連携を保って診療にあたっています。
救急に対しては常時待機制をとり、消化管出血、急性胆管炎、急性胆嚢炎、などの消化器急性症に対応しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 103 4.59 4.96 0.97% 65.54
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 78 10.13 10.59 1.28% 60.09
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 54 6.56 7.30 0.00% 65.50
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 51 5.29 5.49 0.00% 37.92
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 51 5.49 6.23 0.00% 61.61
「盲腸」とは俗称で、正式には「急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)」と呼ばれる病気です。
盲腸の治療には、手術による虫垂切除を行う方法と、抗生物質によって虫垂の炎症を緩和させる方法があります。
世間でいう「薬で散らす」「盲腸を散らす」とは、抗生物質による薬物療法を指します。
胆嚢炎と胆嚢結石に対して積極的に腹腔鏡手術を行っております。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 160 6.26 6.19 0.00% 1.60
080270xxxx1xxx 食物アレルギー 手術・処置等1あり 155 2.00 2.14 0.00% 3.79
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 80 2.06 2.47 0.00% 5.70
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 75 5.29 6.14 1.33% 1.91
060380xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 64 4.67 5.42 0.00% 2.86
食物アレルギーに対しては、血液検査のみならず十分な問診の上診断していきます。
また子どもの食物制限は身体・精神発達に大きな悪影響を及ぼすため必要最低限にとどめており、アレルゲンと考えられる食物の負荷試験や経口免疫療法も行っています。
小児科ではマイコプラズマやRSウイルスなどによる肺炎や急性気管支炎などの呼吸器感染症症例が多く見られます。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 194 2.43 3.43 0.00% 70.29
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 49 31.65 20.92 42.86% 82.41
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 45 28.00 18.59 20.00% 84.18
040040xx99041x 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病あり 36 25.33 17.28 5.56% 73.03
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 34 12.62 10.00 0.00% 68.82
肺炎はガイドラインにそって抗生剤投与などの治療を行っております。
肺癌は、CT、MRI、シンチグラム等の画像検査,喀痰検査,気管支鏡検査などによる細胞診、組織検査を行い診断しております。
診断、治療に際しては胸部外科、放射線科と症例検討を行い、個々の患者さんに適切な治療を選択しております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 150 20.01 26.30 80.00% 81.92
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 46 31.17 24.26 0.00% 75.76
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 37 10.68 14.27 0.00% 33.14
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 骨穿孔術等 35 38.03 27.71 0.00% 62.46
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 29 30.66 22.27 0.00% 66.31
平均年齢から見て、高齢化に伴う骨粗鬆症の影響で発症する大腿骨近位部骨折が最多です。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1/2あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 76 2.89 4.47 1.32% 71.04
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 65 8.82 12.52 4.62% 65.71
050130xx99000x 心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 64 11.56 17.66 1.56% 82.34
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 57 2.18 3.01 0.00% 67.49
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 45 3.69 5.15 0.00% 66.07
心臓病は、突然重い病状におちいって緊急的な治療を必要とすることがよくありますので、素早く正確に診断、治療することが求められます。
心臓血管疾患を専門にする当科では、緊急心臓カテーテル検査を含む各検査、治療設備を24時間365日体制で運用する他、循環器内科待機制および緊急招集にて診療時間内だけでなく休日、夜間においても充実した体制で医療活動を行なっています。
また、豊川市のみでなく、新城市を含む市外からも患者を受け入れている為、病院の規模に比し救急症例が多いのが特徴です。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 111 8.68 9.70 0.00% 31.46
120180xx99xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 なし 56 6.04 6.52 1.79% 32.27
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 33 3.00 3.20 0.00% 41.36
120260xx02xxxx 分娩の異常 骨盤位娩出術等 32 6.47 6.64 0.00% 31.25
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 29 9.38 9.87 0.00% 50.21
お産はDPC対象外のため除外してあります。
合併症妊娠、胎児異常、早産に対しては、小児科医、内科医と連携の上、厳重な管理を行なっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は2 113 15.88 16.18 35.40% 73.16
010230xx99x00x てんかん なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 44 6.11 7.28 4.55% 58.36
010060x2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病1あり 重症度等発症前Rankin Scale 0、1又は2 31 14.71 18.22 29.03% 74.94
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 20 4.30 6.24 5.00% 65.80
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 16 23.88 20.92 12.50% 81.25
神経内科では、脳卒中の急性期病変、特に脳梗塞の入院が最も多くなっております。
脳保護療法として活性酸素除去剤(エダラボン)を用いて活性酸素(フリーラジカル)を低減、脳梗塞による被害を軽減する治療を行います。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 あり 重症度等片眼 382 2.01 2.84 0.00% 75.86
020210xx99x0xx 網膜血管閉塞症 なし 手術・処置等2なし - - 6.81 - -
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 14.49 - -
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 あり 重症度等両眼 - - 5.39 - -
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 なし - - 2.43 - -
白内障とは、眼の中の水晶体(レンズ)が濁ることにより、視力が低下する病気です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 44 20.18 18.72 72.73% 66.93
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 41 8.37 9.69 14.63% 73.95
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 33 8.24 7.35 6.06% 60.33
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 25 10.68 11.80 0.00% 80.40
010040x199x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15 18.73 21.23 73.33% 69.60
脳神経外科が扱っている疾患は脳卒中などの脳血管障害、脳腫瘍、頭部外傷などが中心ですが、 この他に頭蓋底腫瘍、脊髄腫瘍、眼窩内腫瘍、頭蓋骨腫瘍、ある種の機能的疾患などについても積極的に外科治療を行なっています。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 34 19.53 16.17 2.94% 67.79
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 あり 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 26 28.31 32.36 0.00% 65.31
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 あり 手術・処置等23あり 21 25.29 32.83 0.00% 61.10
130010xx97x2xx 急性白血病 あり 手術・処置等22あり 17 40.41 40.13 0.00% 63.94
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 なし 手術・処置等25あり 12 28.17 23.43 8.33% 72.83
当院はクリーンルーム4床を有しており、血液内科特有の易感染状態の患者さんにも適切な治療を行うことができます。
また、多発性骨髄腫および治療抵抗性/再発悪性リンパ腫を発症した、比較的若年の患者さんに対する治療として、自家末梢血幹細胞採取/移植が行えるよう体制を整えていきます。
耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 なし 57 5.56 5.43 0.00% 40.49
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 40 6.63 7.89 0.00% 13.10
030400xx99xxxx 前庭機能障害 なし 31 4.23 5.10 0.00% 55.74
030240xx97xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 その他の手術あり 18 6.56 8.66 0.00% 21.28
030428xxxxxxxx 突発性難聴 13 7.62 9.02 0.00% 64.92
扁桃摘出術をはじめ、中耳炎に対する鼓室形成術、 副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内手術も数多く手がけています。 また、睡眠時無呼吸症候群と診断された中で、手術適応のある患者さんには積極的に手術を行っています。 これらの手術は、ほとんどが麻酔専門医の管理のもとで全身麻酔下に行われており、 苦痛なく安全に手術を受けていただけます。
総合診療科・総合内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 なし 定義副傷病なし 17 11.06 12.58 5.88% 69.35
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 34.50 20.92 21.43% 84.21
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 なし 手術・処置等2なし 13 1.85 3.27 0.00% 44.69
050130xx99000x 心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし - - 17.66 - -
130090xx97x0xx 貧血(その他) あり 手術・処置等2なし - - 10.57 - -
当院内科は各専門領域毎にグループ診療を行っておりますが、総合診療科は内科としての大きい枠組みの中で、お互いに情報交換し連携を取り合っています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110200xx99xxxx 前立腺肥大症等 なし 85 3.00 6.40 0.00% 69.58
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 35 4.69 7.20 0.00% 70.26
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 19 3.00 2.72 0.00% 53.74
180010x0xxx1xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等21あり 14 10.36 22.86 0.00% 74.29
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症 経皮的腎(腎盂)瘻造設術等 定義副傷病なし - - 14.34 - -
尿器科が専門とする病気は尿の通り道(腎臓・膀胱・尿道)と男性生殖器(前立腺・精巣など)の腫瘍(良性および悪性)、尿の通り道(腎臓・膀胱・尿道)にできる結石、排尿障害に関する前立腺および膀胱疾患、尿路性器感染症です。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 3.41 8.75 0.00% 67.78
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 17 11.76 14.21 0.00% 66.71
050130xx99020x 心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 13 21.15 24.68 7.69% 70.00
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 なし 手術・処置等1あり 定義副傷病なし 13 10.92 7.18 0.00% 49.85
050130xx99000x 心不全 なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 12 21.42 17.66 0.00% 73.50
腎臓内科は、腎炎、ネフローゼ、腎不全などの腎臓疾患の診療をしています。
腎臓病の中にはゆっくりと進行して腎機能が徐々に低下し、慢性腎不全に至る場合があります。
慢性腎不全がさらに進行すると尿毒症となり、透析療法が必要となります。
糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) なし 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 重症度等85歳未満 30 12.77 13.90 3.33% 56.87
100210xxxxxxxx 低血糖症 12 7.67 6.79 8.33% 66.42
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 10 17.60 13.50 0.00% 56.00
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 なし 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 10 3.90 6.35 0.00% 47.80
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) なし 手術・処置等21あり 定義副傷病あり 重症度等85歳未満 - - 15.14 - -
糖尿病教育入院は2週間を基本とし、徹底した教育プログラムのもと食事・運動療法を体験していただきます。
合わせて糖尿病合併症の精査・加療も他科と密接に連携して行っていきます。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 12 13.08 12.51 8.33% 59.00
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし - - 8.16 - -
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし - - 2.47 - -
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 なし 手術・処置等2なし - - 3.27 - -
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 - - 7.51 - -
膿皮症は主に細菌の感染で皮膚が化膿してしまう疾患の総称です。
膿皮症は急性膿皮症と慢性膿皮症に分けられます。
急性のものには膿痂疹や蜂窩織炎、丹毒、毛包炎などが含まれます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 66 16 26 49 12 - 1 第7版
大腸癌 37 49 36 66 159 31 1 第7版
乳癌 64 29 16 - 14 22 1 第7版
肺癌 44 22 42 165 138 20 1 第7版
肝癌 26 50 11 - - 18 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌について初発患者の病期分類による患者数と、再発患者(再発部位によらない)の患者数を示しました。
一連の治療期間に入退院を繰り返すなどを行った場合は、同一患者に入退院を繰り返した回数分をかけた延患者としております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 15 10.87 60.67
中等症 108 18.05 77.17
重症 54 21.07 83.70
超重症 11 20.91 84.45
不明 - - -
【重症度分類】
  年齢:男性70歳以上、女性75歳以上
  脱水:BUN21㎎/dL以上または脱水あり
  呼吸:SaO2<=90%(PaO2 60Torr以下)
  意識障害:意識障害あり
  収縮期血圧:収縮期血圧90㎜Hg以下

  *5点満点で、1項目該当すれば1点、2項目該当すれば2点。  
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 333 20.70 75.84 46.25%
その他 23 25.74 71.70 56.52%
脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を示しています。
入院期間中に最も医療資源を投入した傷病を集計したものです。
「転院」については、退院先が、「他の病院・診療所への転院」とし、転院患者数/全退院数を転院率としています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 609 0.38 1.11 0.16% 69.34
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 106 2.27 7.42 2.83% 70.23
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 95 3.28 12.41 3.16% 77.49
K654 内視鏡的消化管止血術 63 0.95 8.30 3.17% 72.29
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 60 2.00 5.60 0.00% 72.17
病変の状態に応じて内視鏡的治療(内視鏡的粘膜切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術)、外科的手術、化学療法から最適な治療法を選択しています。消化管出血は、迅速に内視鏡検査を行い、消化性潰瘍にはクリップ法、HSE局注、エタノール局注法、アルゴンプラズマ凝固法などによる止血術を施行しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 85 1.68 4.49 1.18% 63.02
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 75 1.28 2.13 1.33% 57.97
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 51 1.22 3.27 0.00% 61.61
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 49 0.43 3.94 0.00% 37.94
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 49 1.16 7.76 2.04% 64.49
腹腔鏡とは、お腹の中を観察する直径1cm程の筒状の内視鏡で、この腹腔鏡を使ってする手術を腹腔鏡下手術といい、全身麻酔で行われます。
お腹を大きく切開しないことで、手術後の痛みが少ない、術後の回復が早い、傷が小さく美容的、などという利点があり、さらに、傷が小さいことで術後の癒着が少ないことも挙げられます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 113 1.37 16.25 69.03% 78.44
K0821 人工関節置換術(膝) 78 1.77 28.42 0.00% 72.38
K0811 人工骨頭挿入術(股) 53 1.70 17.06 77.36% 81.00
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(下腿) 42 0.88 2.45 2.38% 47.88
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 36 3.97 16.69 5.56% 69.31
大腿骨頸部骨折に対しましては他の医療機関・クリニックと術後のリハビリテーションを連携しております。
地域の医療機関と連携強化に努め、急性期から自宅までの地域連携パスを積極的に実施しています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 124 1.70 6.56 0.00% 31.39
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 35 0.83 6.66 0.00% 31.97
K877 子宮全摘術 34 1.26 7.12 0.00% 52.35
K867 子宮頸部(腟部)切除術 33 1.00 1.00 0.00% 41.36
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 29 1.28 6.76 0.00% 52.34
帝王切開術が最も多く行われております。
正常分娩に対して、バースセンター(医療設備のある病院内でのお産と、助産所のような自然なお産という両方の良さを兼ね備えたお産)のシステムがあります。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 382 0.00 1.01 0.00% 75.93
K269 虹彩整復・瞳孔形成術 - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
白内障に対する水晶体再建術が入院手術で多く行われています。
水晶体再建術は外来手術も行っております。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 62 1.92 2.66 3.23% 71.18
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 56 0.00 9.84 5.36% 68.14
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 44 1.77 2.64 0.00% 66.02
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 42 0.02 7.00 4.76% 72.12
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 39 0.51 3.67 2.56% 77.08
ステントという拡張可能な小さいメッシュ状の金属の筒を血管に留置して、血管の開通性を保持し再閉塞を予防します。
経皮的冠動脈形成術(PTCA)は、狭くなった冠動脈を血管の内側から拡げるために行う低侵襲的な治療法で、経皮的冠動脈インターベーション(PCI)とも呼ばれています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 53 0.26 8.94 7.55% 80.45
K178-4 経皮的脳血栓回収術 24 0.00 20.75 75.00% 78.54
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 19 1.58 38.47 63.16% 64.47
K1781 脳血管内手術(1箇所) 15 2.33 34.27 26.67% 66.93
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 10 9.40 20.90 40.00% 63.60
治療成績は、手術(開頭クリッピング術、血管内コイリング術)の施行できた破裂脳動脈瘤(くも膜下出血)の患者さんでは、70%近くが社会復帰されており、全国的にみても高い水準にあると自負しています。
耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 56 1.04 4.63 0.00% 17.20
K3192 鼓室形成手術 耳小骨再建術 - - - - -
K347 鼻中隔矯正術 - - - - -
K318 鼓膜形成手術 - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
扁桃摘出術をはじめ、中耳炎に対する鼓室形成術、 副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻内手術も数多く手がけています。
また、睡眠時無呼吸症候群と診断された中で、手術適応のある患者さんには積極的に手術を行っています。
これらの手術は、ほとんどが麻酔専門医の管理のもとで全身麻酔下に行われており、 苦痛なく安全に手術を受けていただけます。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 32 1.28 2.38 0.00% 69.88
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 19 1.00 1.00 0.00% 53.74
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 14 0.93 7.14 0.00% 76.36
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) - - - - -
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) - - - - -
泌尿器科領域の悪性腫瘍から前立腺肥大症、尿路感染、尿路結石まで成人の泌尿器科領域全般の診断と治療を行っています。
特に前立腺肥大症ではレーザー光線を用いた体に優しい手術治療を行っています。また、このレーザー治療は尿路結石にも用いています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 57 0.00 8.37 7.02% 0.00
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術 - - - - -
新生児仮死は出生時の呼吸循環不全を主徴とする症候群です。
生後1分、5分のアプガースコア4~6点を第1度新生児仮死、3点以下を第2度新生児仮死といいます。
新生児仮死に対しては救命のため、速やかに蘇生措置を施す必要があります。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 34 5.94 4.41 0.00% 66.74
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K2762 網膜光凝固術(その他特殊) - - - - -
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
内シャントとは、血液透析を行う上で必要なものです。
動脈と静脈をつなげて動脈の流れのよい血液を直接、静脈血管に流します。
それにより、静脈の流れが良くなり、穿刺によって十分な血液を確保でき、満足な血液透析が行えます。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 50 0.51%
180010 敗血症 同一 22 0.25%
異なる 70 0.66%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 11 0.18%
180040 手術・処置等の合併症 同一 23 0.26%
異なる - -
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして、入院の契機(きっかけとなった)病名の同一性の有無を区別して対象患者数と発症率を示したものです。
更新履歴