このページの本文を印刷します

診療科・部門紹介
放射線科機器について 

 

放射線治療


当院の放射線治療装置及び関連装置

・CLINAC iX(治療装置) VARIAN社製
・BRIGHT SPEED(CTシュミレータ) GE社製
・Pinnacle³(治療計画装置) PHILIPS社製

写真 治療装置本体 写真 操作卓
治療装置本体 操作卓
 

放射線治療について

放射線治療は外科治療、化学療法とともにがん治療を支える3本柱の1つです。手術と比較すれば,大きな変形を加えずに済み,肉体的負担が少ないということがメリットです。放射線療法は手術と同じように局所療法の一つであり,手術や化学療法と併用して,大きな効果をあげることができます。また、腫瘍の種類によっては、放射線治療単独で治す(根治療法)こともあります。


放射線治療の簡単な流れ

放射線科医による診察 写真 CTシュミレータ 写真 頭頚部用固定具
適応を判断、治療の説明
CT撮影
体に印を書いて撮影、データを計画装置に転送

CTシュミレータ       頭頚部用固定具
治療計画
CTのデータをもとに、患者さん個々の最適な照射方法と投与線量を決定、情報を治療装置に転送

治療 画像 治療計画装置による計画
土日、祝日を除く毎日照射し、十数回~三十数回行います。治療室に入ってから10分ほどで治療は終わります
治療後の経過観察
    各診療科による経過観察
  治療計画装置による計画