このページの本文を印刷します

診療科・部門紹介
放射線科機器について 

 

血管撮影室


血管撮影とは

足の付け根(鼠径部)や肘などの、主に動脈の中に極細い管(カテーテル)を通して、目的の血管(頭、心臓、肝臓など)まで挿入し造影剤を注入して血管の走行や状態を見る検査です。そして、近年では診断のみならず血管内治療(Interventional Radiology : IVR)なども盛んに行われています。

IVRの種類
寒栓術(TAE) : 目的の血管に塞栓物質を投与し血流を遮断します。
      出血の止血、腫瘤の治療などに用います。
動注療法(TAI) : 目的の臓器あるいは腫瘍部を栄養する動脈から
      直接薬剤を投与します。
動脈化学塞栓術(TACE) : 上記の化学療法と塞栓を両方行います。
血栓溶解療法 : 血管閉塞の原因となった血栓を溶解する薬剤を投与し
      血管を再開通させます。
血管形成術 : 狭窄した血管をバルーンカテーテルで拡張させます。
などがあります。


当院の血管撮影装置

島津社製 Bransist safire (バイプレーン) :心臓 頭部 下肢など
SIEMENS社製 Artis Q biplane(バイプレーン) :肝臓 頭部 心臓など

両装置ともに3Dワークステーションを装備していますので、データを転送再構成することで血管をどんな角度からでも3Dで観察することができます。
また使用する科は、循環器内科、脳神経外科、放射線科、消化器内科です。

○バイプレーンとはX線管球とFPD(フラットパネルディテクタ)の対が2セットあるシステムのことです。
○バイプレーンの特徴
一回の造影剤の注入で2方向の撮影ができるので、従来のシングルプレーンと比較すると
  • 造影剤の使用量を半分程度に抑えることができる。
  • 被検者の被ばくを低減できる。
  • 検査効率が良くなり時間を短縮できる。
等が挙げられます。


装置の画像

写真 Bransist safire 写真 Artis Q biplane
Bransist  safire Artis  Q  biplane


検査を受けられる方に

検査時には、カテーテルを皮膚から血管の間にある皮下組織を通過させて血管内に挿入するため、カテーテル挿入部分に局所麻酔を使用します。検査時に痛みはこの麻酔の注射の痛みだけで、他に苦痛は殆どありません。造影剤の注入時に熱感がありますが、一時的なもので次第に鎮まってきます。
検査終了後カテーテルを血管より抜去し、カテーテルの挿入部を暫く押さえ止血します。特に鼠径部よりカテーテルを挿入した場合には、挿入部からの出血を防ぐために検査後の安静が5~6時間程度必要です。そのため、多くの場合入院して検査を行います。