このページの本文を印刷します

診療科・部門紹介
放射線科機器について 

 

骨密度測定装置(DEXA)


骨のカルシウムの不足状態を専門的にチェック。これが骨塩定量です。
更に! ⇒ 骨粗しょう症の予防・治療に役立てます。


写真 骨密度測定装置
Q.  なぜ骨密度?
A.  人体のカルシウムは骨や歯にあり、残り1%は細胞や血液中に存在しています。骨や歯でのカルシウムは、それぞれに強さや硬さを与え、生体の機能の保持に欠かせないものです。又、わずか1%の細胞内や血液中のカルシウムも、ホルモンの分泌や筋肉の収縮、神経の興奮性の調節など、生体の機能の保持に重要な役割を持っています。

Q.  なぜ体内のカルシウム貯蔵量を測定するのか?
A.  それはただ単に骨折の危険や骨粗しょう症の発祥を予測するだけに留まらず、カルシウム代謝の状態を知り、カルシウムの欠乏に関係のある高血圧症、動脈硬化症などのさまざまな危険度の予測と予防のために一躍買っているわけです。


画像 骨密度測定結果
Q.   ではカルシウムが不足すると?
A.   1.イライラする
  2.集中力が低下
  3.元気が出ない
  4.高血圧症・動脈硬化症
  5.骨が折れやすい
  6.血が止まりにくくなる
  7.虫歯になる