このページの本文を印刷します

診療科・部門紹介
外科 

乳腺・内分泌外科

 
乳がんについて

近年、国内での乳がんの増加により、以前より増して各方面から乳がんの早期発見の必要性が叫ばれています。
「乳房にしこりを触れる」、「これまでとは何か違う感じがする」、「乳頭から分泌物が出る」、「乳頭にびらんがある」、 「腋にしこりを感じる」などの症状があれば、乳腺外科外来での診察を受けることが必要となります。
当院では各種診断方法を用いて乳房の異常の有無を調べますが、その内容について説明させていただきます。


診断方法

  1. 視診・触診
    乳房全体を視ること、触れることによりがんに特徴的な所見がないかを診察します。皮膚の変化、乳房内のしこりの有無、腋のリンパ節の腫れの有無などを確認します。

  2. マンモグラフィ
    なお、初めて撮影を受けられる患者さんにはパンフレット(「マンモグラフィ撮影に関して」)をお渡しして、事前に検査についてご理解をいただくことにしています。
    乳房専用のレントゲン装置を用いて乳房を左右2方向から圧迫してレントゲン写真を撮影します。乳房を圧迫するため、検査には多少の痛みを伴いますが、質の高いレントゲン写真を撮影するために必要な処置ですので、担当の放射線技師の指示に従っていただきながら検査を受けていただきます。しこりの影や石灰化から早期の乳がんを発見するのに有効な手段として、全国的に乳がん検診に導入されつつある重要な検査です。

  3. 乳房超音波検査
    患者さんはベッドに仰向けになり、ゼリーを塗った乳房にプローブという装置を当てることにより乳房の断面像を観察して異常所見の有無を確認します。

  4. 細胞診
    これまでの検査によりがんの可能性が否定できないしこりが存在する場合には、しこりに注射針を刺して細胞を吸引します。採取した検体は顕微鏡検査(細胞診検査)によりがん細胞の有無を確認します。また、乳頭からの分泌物がある場合には、その分泌物を採取して細胞診検査でがん細胞の有無も確認します。

  5. 病理組織検査
    穿刺吸引細胞診で診断が確定しない場合、局所麻酔下に特殊な太い針を用いてしこりの一部分を採取します。また、外来手術で局所麻酔下にしこりを含めた乳腺を摘出することもあります。これらの方法により採取した組織を顕微鏡検査(病理組織検査)で判定します。

  6. 乳房MRI検査
    乳がんと診断された場合に、乳房の中での病気の広がりを評価することが手術法の決定に必要なことです。当院ではマンモグラフィ写真と超音波検査、さらには核磁気共鳴を利用したMRI装置により病気の広がりを詳細に調べます。患者さんは検査室のベッドの穴に乳房を垂らした状態の腹這い(腹臥位)になり、造影剤の点滴を受けながら検査を受けていただくことになります。

写真)  マンモグラフィ撮影装置(左)、超音波装置(中央)、MRI装置(右)



初期治療

  1. 手術治療
    乳がんに対する手術治療法には、乳房を全切除する「胸筋温存乳房切除術」と、がんを含めた乳腺を部分的に切除して乳房を温存する「乳房温存手術」があります。いずれの適応となるかは、腫瘤(しこり)の大きさと乳房の中での病気の広がりにより決定されます。この乳がんの広がりをマンモグラフィ、乳房超音波検査、乳房MRI検査を用いて診断します。
    また、乳がんに対する手術の際には、転移の可能性のある腋のリンパ節を切除すること(腋窩リンパ節郭清)を原則として行います。これには、乳房に関連したリンパ節にがん細胞が転移する(リンパ節転移)可能性があるため、転移があれば病巣を取り除くという治療的な目的と、リンパ節転移の有無および転移があればその転移個数が手術治療後の再発の可能性を占う重要な因子(予後因子)であるため、その因子の大きさを確認する診断的な目的があります。
    しかしながら、腋窩リンパ節郭清には色々な合併症を伴うことも事実です。腋窩リンパ節転移の有無を早い段階で見つけだし、リンパ節転移のない可能性の高い患者さんに限り腋窩リンパ節郭清を省略することを目的とした「センチネルリンパ節生検」という特殊な検査があります。当院ではその検査についての準備がありますので、詳細については主治医と相談してください。

  2. 術前化学療法
    乳房温存療法の適応がなく、手術の前に抗がん剤による治療を行うことにより腫瘍の縮小を図り、腫瘍の縮小がみられた場合には乳房温存療法を実施することを期待して行う治療法です。
    また、近年では術前化学療法により腫瘍の完全消滅を目的として行われることもあります。

  3. 術後補助療法
    患者さんの閉経状況、年齢や、手術により判明する腫瘍の大きさ、病理組織学的診断、組織学的異型度、リンパ節転移の有無および転移リンパ節の個数、ホルモン療法反応性(ホルモンレセプター)の有無、HER2蛋白過剰発現の有無などにより、危険因子の程度が判明します。
    これら様々な因子により手術後の薬物治療の要否が決められます。薬物治療には、内分泌療法(ホルモン療法)や化学療法(抗癌剤治療)がありますが、詳細については、主治医から詳しく説明されることになります。

  4. 放射線療法
    放射線を当てた(照射した)部位のがん細胞を死滅させることを目的とします。
    乳房温存手術後には、乳房内にがんの再発を防止することを目的に、手術で残した側の乳房に対して放射線を照射することになります。