診療科・部門紹介
栄養管理科 

栄養サポートチームの活動

 
栄養サポートチーム(NST:Nutrition Support Team)

『 多職種が協働し、患者に適切な栄養管理を行うチーム医療 』
当院では、静脈栄養、経腸栄養の専門技術・知識を持った医師、管理栄養士、薬剤師、看護師、臨床検査技師、言語聴覚士などの専門職がチームを組み、患者に適切な栄養管理を行い栄養状態を評価し、改善に取り組んでいます。
 「栄養管理が必要か不可の判定」「適切な栄養管理法の選択・提言」「栄養状態の改善による治癒促進」等について、各スタッフが知恵を出し合いながら考え、カンファレンスを実施しています。
患者さんに最良の栄養管理を受けて頂き、一日も早い回復を支援しています。
事務局は、栄養管理科が窓口となり、管理栄養士1名が専従を行っています。
写真 栄養サポートチームの活動の様子


 
栄養管理システム

栄養スクリーニング 入院患者すべてに対し、看護師による身体計測が行われ栄養評価を用いた栄養スクリーニングを施行しております。
栄養障害ありと認められた場合、管理栄養士による栄養アセスメントが実施されます。
 
栄養アセスメント 各病棟担当管理栄養士によって、検査データや栄養の摂取状況、臨床検査を基に必要栄養量が算出されます。
栄養障害の度合いにより、モニタリングを行い一定期間おいて再評価が実施されます。
 
NST介入 栄養障害ありと認められた患者さんに対して、主治医が、NSTチームによる高度栄養サポートを必要と判断した場合にチーム医療が実施されます。
 
栄養カンファレンス 各病棟ごとに、週2回の栄養カンファレンスを実施して、摂取栄養量、栄養経路と現在の病態に基づく問題点について話し合い、最適と思われる栄養療法の検討が成されます。

写真 カンファレンスの様子 写真 病棟回診の様子
カンファレンス 病棟回診